在アルゼンチン日系団体ホームページ


by fana_nikkei

「アルゼンチン日本人移民史」の紹介

以下は、FANAアルゼンチン日本人移民史編纂委員会が出版した「アルゼンチン日本人移民史」戦前編・戦後編を要約したものです。
本サイトに掲載した文書や画像等に関する諸権利は上記委員会に帰属します。同委員会の許可なく当サイト上の文書や画像等を無断使用・複製・転載・販売・改変・印刷配布することを固く禁じます。
なお、掲載されている画像には電子すかしによる著作権情報が埋め込まれています。

第1章

移民という複雑な現象は、その取り巻かれている歴史的な背景を抜きにしては考えられない。うちの爺ちゃん、または父の場合、貧しかった理由で、あるいは、可能性のある新天地を求めて移住して来た、といわれるが、それは単なる個人的な、偶然的な出来事に聞こえる。しかし、偶然は多くの場合、知らないからそう言えるのであって、きちんとそれをたどってみると、その時代に多くの人が似た状況に置かれ、同じ運命をたどっていることが分かる。
アルゼンチンにおける最初の日本人の足跡をたどると、16世紀にさかのぼる。新大陸発見の時代が終り、ヨーロッパの諸列強国が新大陸を制覇しようとした時代だった。
史実によると、“日本人種”とみなされる者が1596年に当地を踏み、コルドバの町で奴隷として売られている。この年、巨大な力を持つ豊臣秀吉が第二の朝鮮出兵を命じ多くの朝鮮人を死に追いやり、また、海の向こうで多くの日本人の運命が惨めに捨て去られた。
 当時、アルゼンチン領土まで含むペルー副王領において、フランシスコ・ハポンだけでなく、17世紀初頭、20人ほどの“日本人種土人”が新世界に連れて来られ、ペルーのリマに“奴隷”として住んでいた。
日本が鎖国して約250年のち、徳川幕府の末期頃、最初の公式旅券発行を受けたのは、旅芸人の一行だった。まさに明治時代初期、軽業師一行がブエノスアイレスで興行している。
アルゼンチンに定住した最初の日本人移民は、1886年に着いた牧野金蔵だといわれている。密航による入国で、以前ハポンが奴隷として売られ、自由の身になったコルドバに住みついた。当時アルゼンチンは国体を整えている時期で、その柱になったのが1880年に制定された移民法で、広い無人の国土に多くの移民の導入を図っていた。しかし、法令そのものと上層階級が目論んでいたものは、ヨーロッパ移民、それも北欧系移民の奨励だった。
このあと、榛葉贇雄、鳥海忠次郎という二少年が、アルゼンチン海軍の遠洋練習艦サルミエント号で上陸した。友好親善条約が1898年に締結されたあと、初めての移住者だった。鳥海の場合は全く行方がわからず、また榛葉は日本人社会の指導的な人物になった。
その後1904年初頭、二人の大学卒業生が日本政府から派遣されてきた。古川大斧と丸井三次郎で、これは政府派遣海外実習生の始まりである。
さらに翌年、滝波文平が到着したが、日本人貿易・雑貨商の始まりである。滝波は純粋な意味の移民ではなく、神戸に本店を置き、商売の本拠地にしていた。ただ、その子孫はブエノスアイレスで生まれ、そこに住んでいた。
こうして、アルゼンチンにおける日本人の移住は、基本的に個人、自由渡航であり、ブラジルやペルーのような政府主導の集団計画移住とは異なっていた。こうしたことで、移民元年を密航できた牧野の入国年にするか正式入国の榛葉にするか、尺度が違ってくる。
[PR]
by fana_nikkei | 2007-09-29 00:00